★看護師系の学部は難易度が高いようです!!あこがれの仕事を目指して医療専門学校で頑張ろう!!★

近年、少子高齢化社会に拍車がかかり、高齢者の福祉問題や慢性的な看護師不足に悩まされています。これからの時代は医療や福祉関連の仕事に熱い視線が注がれており、それと共に医療専門学校の役割が大きくなっています。医療専門学校は、医療や福祉だけではなく、保育や関連事務なども含んでおり、様々な学部学科に分かれ、それぞれの専門分野において即戦力を育てます。では、人気の医療分野である看護師や理学療法士の難易度はどれぐらいでしょうか。看護専門学校の難易度は、九州医療センター附属福岡看護助産学校を筆頭に、自衛隊中央病院高等看護学院、北九州市立看護専門学校、熊本医療センター附属看護学校など九州勢を中心に偏差値60を超えています。その後は独立行政法人国立病院機構災害医療センター附属昭和の森看護学校、徳島県立総合看護学校、市立小樽病院高等看護学院、東京都立広尾看護学校、東京厚生年金看護専門学校、新潟県立新発田病院附属看護専門学校などが偏差値50後半で難易度が高いです。一方、理学療法士の難易度は、専門学校社会医学技術学院、独立行政法人国立病院機構東名古屋病院附属リハビリテーション学院、川崎リハビリテーション学院などが偏差値55を超えています。その後は、横浜リハビリテーション専門学校、岩手リハビリテーション学院、日本リハビリテーション専門学校と続いており、偏差値は50強となっています。このように、医療専門学校の中では、看護師の学部の方が偏差値は高く難易度が高いようです。

専門学校 難易度はコチラ

カテゴリー: 未分類   パーマリンク